menu
すどう小児科医院

小児科・アレルギー科

ご予約。お問い合わせはこちらから

tel.075-861-2077

お知らせ

アーカイブ

月別アーカイブ:2020年04月

ウイルスの弱点

公開日:2020年04月18日

ウイルスは、生き物の体(細胞)の中でないと生存できません。新型コロナウイルスの場合、その生き物はヒトです。誰かが、新型コロナウイルスにかかっても、その人が治るまで他の人と接触してウイルスをうつすことがなければ、その人の所で新型コロナウイルス感染症は終わります。ウイルス側から見ると、次の人に感染できなければ、子孫を残し、増やすことができない、という残念な結果になります。人にとっては、それこそが望むところです。

ただ、感染していても症状がない人もいますので、まわりの誰が新型コロナウイルス感染症にかかっているのかわかりません。ですから、ウイルスをもらわないように、あるいは、ウイルスを他の人にうつさないように、誰からも1.8m以上の距離をとることが重要なのです。皆がお互いの距離をとって、ウイルスが感染(この場合は飛沫感染)する鎖をひとつひとつ断ち切っていくことが、パンデミックの第一波を収束させるために最も有効な方法なのです。

もう一つ、接触感染については、外出した時にドアノブや手すりなど多くの人がさわる所に触れた場合は、できるだけ早く手洗いや手の消毒をしましょう。もちろん帰宅時には、手洗い、うがいは必ずしましょう。洗顔もしておくとよいでしょう。買い物の包装紙や容器にもウイルスが付着している可能性がありますので、例えば、買い物は玄関で容器から取り出し、包装紙や容器はまとめて廃棄し、中の商品はよく洗って保存するなどしましょう。

皆で、飛沫感染、接触感染の可能性をできるだけ減らして、ウイルスの感染が広がるのを抑えましょう。これは、皆が一斉にする必要があります。一斉にすれば効果があるはずです。これからが頑張りどころです。いっしょに頑張りましょう。KEEP DISTANCE !

カテゴリー:院長ブログ

外では KEEP DISTANCE!! 距離をとって

公開日:2020年04月17日

 16日はよい天気で、嵐山東公園には子どもたちの姿が多く見られました。STAY HOME 「家にいよう」が一番大切ですけれど、子どもたちもずっと家の中にいるわけにもいきません。時々外に出ることも必要です。でも、外に出たら、KEEP DIATANCE 「距離をとる」ことを忘れないようにしましょう。

 友だちと一緒に遊んだり、遊具で遊んだりすることはおすすめではありません。友だちとは直接会ったり遊んだりするのではなく、オンラインで会ったり遊んだりするようにしましょう。遊具のようにたくさんの人がさわっているところは、ウイルスが付着している可能性があります。要注意です。

 そして、家に帰ったら、WASH YOUR HANDS 「手を洗う」ですね。よく手を洗い、うがいをして、顔も洗いましょう。

 緊急事態宣言がでた今から5月の連休明けまでは、皆で頑張らなければならない時です。外に出たら、他の人(家族は別)とは 1.8m の距離をとって、新型コロナウイルスの感染をできるだけ広げないようにしましょう。

カテゴリー:院長ブログ

社会的距離の取り方についてあなたが知っておく必要があること

公開日:2020年04月14日

少し古いですが、 Here’s everything you need to know about social distancing (CNN March 21, 2020) から。参考にしてください。

Ⅰ.社会生活

1. スーパーマーケットやコンビニなどに買い物に行けますか?

 はい。あなたはスーパーマーケットやコンビニなどに行くことができます。しかし、それには少しやり方があります。人が少ない時間帯、早朝や開店後あるいは夜や閉店前など、に行くとよいでしょう。買った野菜や果物はよく洗いましょう。また、包装紙などを触った手はよく洗うようにしましょう。もちろん、食事の前にもよく手を洗いましょう。

2. 宅配の食べ物を頼めますか?

 はい、もちろん。加熱調理された料理の中でウイルスは生存できませんので、食べても安全です(注)。ただし、できればケースや袋などを消毒し、触った後は手をよく洗いましょう。支払いはオンラインで済ませ、商品は玄関のドアの前に置いてもらうなど、配達の人と接触することも避けましょう。

 注 : 宅配の寿司は生ものなので安全性については不明です。

3. 公共交通機関を使えますか?

 もし、使わずに済むなら、使わない方がよいでしょう。満員電車や混んだバスの中で、換気が不十分な場合は、感染の危険性が高くなります。職場や学校に行くために公共交通機関を利用する必要がある場合は、目的地に着いたらすぐに手を洗いましょう。マスクもある程度は感染防止に有効でしょう。

4. 職場や学校で身を守る方法がありますか?

 できるだけ他の人との距離をとるようにしましょう。こまめに手洗いをしましょう。仕事上必要な場合はマスクをしましょう。

5. どこへ出かけることができますか?

 スーパーマーケットやコンビニ、医院、人の少ない場所などに出かけることができます。しかし、CDC(アメリカ疾病予防制御センター)によれば、今はできるだけ家にいることが感染の危険性を少なくする最善の方法です。

レストラン、宗教施設、映画館、スポーツ施設(スタジアム)、美術館などはすでに閉鎖されているところがあります。政府機関などが安全宣言をするまで、これらの場所へ行くことは控えましょう。

Ⅱ. 旅行

1. まだ旅行できますか?

 多くの場合、旅行すべきではないでしょう。アメリカでは、海外への渡航を中止するように強く求めています。

 旅客機、列車、バスやクルーズ船などは、多くの人を狭い空間に長時間閉じ込めることになります。そして、それはウイルス感染の原因になりえます。

 「もし、あなたが休暇で旅行に行こうとしているなら、やめることを勧める。」と、ニューヨーク大学の教授は言っています。

Ⅲ. 健康

1. 公共の場所ではマスクをすべきでしょうか?

 おそらくマスクをしなくてもよいでしょう(注)。マスクは、病気にかかっている人が咳やくしゃみをして、ウイルスを周りに飛散させるのを防ぎます。しかし、マスクは、ウイルスとの接触から健康な人を守りはしません。病気にかかった人は自宅にいて、回復するまでは他の人と直接接触しないようにしましょう。可能ならば、病気にかかった人とその同居人はマスクをしましょう。

注 : これはアメリカでの考え方です。 

2. 運動できますか?

 戸外でも自宅でもできます。しかし、ジムへ行くのは好ましくありません。人との距離が重要です。ランニング、ウォーキングやサイクリングなどは、元気な状態を保つためによい運動です。他の人との距離を、少なくとも1.8mとるようにしましょう。ビデオやアプリを使って、室内でできる運動をすることもよいでしょう。

3. 医者や歯医者に行けますか?

 もし、あなたの症状に緊急性がなく、コロナウイルス感染症のために助けを探しているのでなければ、どのような受診も、緊急性のない手術もやめることが最善です。どうしても受診しなければならない場合は、できるだけ直接病院や医院へ行かなくてすむ方法で対応してもらいましょう。

もし、あなたに新型コロナウイルス感染症の症状、持続する発熱や咳、息切れ、倦怠感などの症状がある場合は、直接病院や医院を受診する前に電話連絡をしてください。

Ⅳ.家族と友人

1. 年寄りの家族の家を訪ねることができますか? 

 訪ねるべきではないでしょう。60歳以上の成人は新型コロナウイルスによる重症感染症にかかるリスクが高く、予期せずにあなたが病気をうつしてしまう可能性があります。高齢の成人にできる最善のことは、家にいて、できる限り他の人を遠ざけることです。電話などで連絡を取り合いましょう。もし、あなたが近くに住んでいるのであれば、代わりに買い物に行ってあげたり、必要があれば薬を取りに行ってあげましょう。

2. 友人が訪ねてきてもよいでしょうか?

 止めておくべきでしょう。たとえ、友人であったとしても、今訪問者を迎えることはよい考えとは言えません。ただし、人から遠ざかると言うことがひとりぼっちでいなければならない、ということではありません。ビデオホスティングやメール、チャット、電話などで関係を保ちましょう。かかわりがバーチャルであっても、自宅にいて精神の安定を保つためにはよい方法です。

 社会的距離を保つということは、社会的な孤立を意味しているのではありません。

3. ほかの子供を遊ぶ約束をしてもよいでしょうか?

 よくありません。子供たちは新型コロナウイルスにかかりやすいとは考えられていませんが、ウイルスを広める可能性をもっています。さらに、子供たちは、1.8mの距離をとることや手洗いをする決まりを忘れるかもしれません。「私たちは、子どもたちがお互いに接触したり、家の中であばれたりすることを知っています。ですから、子どもたち同士の接触や病気をうつす可能性をできるだけ減らすように気をつけなければなりません。」と、アリアドン・ラボのアサフ・ビトン医師は言っています。

3. 子どもをどこで遊ばせたよいでしょうか?

 外出することはかまいません。ただ、あなたの子どもが、他の子どもとの間に1.8mの距離をとるように見守っていなければなりません。

裏庭などがない場合、他の家族から十分離れることができる大きな公園は、遊び場所としてふさわしいでしょう。ただし、遊具の置いてあるところは避けましょう。滑り台やブランコなどの遊具にはウイルスが付着している可能性があります。

4. 子どもを保育所や託児所に預けてもよいでしょうか?

もし、他に方法がないのであればよいでしょう。ただ、預ける前にそこで子どもたちの間の距離を離すような何らかの方法がとられているか確かめましょう。

5. 私は子どもとの間に距離をとる必要がありますか?

おそらく必要ないでしょう。あなたかあなたの子どものどちらかに病気の症状がない限り。

ほとんどの場合、あなたとあなたの子どもが同じ家に住んでいるのであれば、1.8mの距離をとる必要はありません。でも、可能ならば、過剰な身体的接触は控えましょう。

6. いつまで社会的距離をとる必要がありますか?

おそらく数か月でしょう。しかし、私たちはそれを何回もやらなければならないでしょう。なぜなら、アウトブレイクは波のように何回も襲ってくる可能性があるからです。イギリスのインペリアル・カレッジでの研究によると、「私たちは社会的距離をとるという行動を5か月間、とても熱心にしなければならない。その後、しばらくの間休むことができるかもしれない。そして、また感染者数が増え始めたら、再び社会的距離をとるように行動しなければならない。基本的に、ワクチンができるまでは、感染者数の増加を抑えるために、何度も、何度も、何度も社会的距離をとるという行動をとらなければならない。」ということらしい。

カテゴリー:お知らせ

今、子どもたちにしてあげること

公開日:2020年04月13日

ニューヨークに外出禁止令が出た数日後の3月25日、幼児教育の専門家ナンシー・カールソン-ペイジと小児科医マーク・バーティンの対談がありました。(Action Network Live!)

日本でも、東京などに非常事態宣言が出されました。京都は対象になっていませんが、決して安全というわけではありません。東京の状況は明日の京都と考えておいた方がよいと思います。

その対談の中から、外出ができない状況下で、子供たちに何をしてもらい、また、子供たちに何をしてあげたらよいのか、といった点に関する話をいくつか紹介します。

子どもたちにも社会的距離をとってもらいます。まず、STAY HOME必要がない限り家の中にいてもらいます。

子どもたちに怖いニュースを見せないようにしましょう。特に年少の子どもたち。

どんなにうまく怖いニュースを避けさせても、おそらく子どもたちは何かおかしな感じや、いやな感じを感じ取ってしまうでしょう。子どもたちの日々の生活は変わっていき、友達とも会えなくなります。子どもたちはなぜと尋ねるでしょう。ただ、子どもたちが、そのおかしなことがなんであるのかを理解するのには時間がかかるのです。

漠然とした不安を感じている子どもたちは、私たち大人にそばにいてほしいのです。そばにいることができる時は、そばにいてあげましょう。

毎日することを決めるとよいでしょう。一日の計画を立てる時には、子どもたちが元気になるように、遊び時間や家族の時間や外に出る時間などを、意識的につくりましょう。

夕食後に一緒に本を読むといったことは素晴らしいことですし、もしそれが毎日のことになればさらによいことです。

子どもがおじいちゃんやおばあちゃんについて尋ねた時は、「今はおばあちゃんに会えないの。寂しいけれど、お母さんも同じよ。ねえ、お母さんが夕食の準備をしている間に、何か絵を描いてあげたらどう?そうしたら、明日メールでおばあちゃんに送ってあげられるわよ。」と言ってあげたらどうでしょう。

遊び時間のスケジュールをつくりましょう。

子どもが自分で始めた、想像力に富んだ、深い遊び、自分のやりたい遊びができるように、紙やクレヨン、人形、ブロック、粘土、着せ替えなど、色々な遊びに使えるものを用意してあげましょう。

子どもは社会的な存在です。そして、友達や好きな人と会えない今は、子どもたちにとってとてもつらい時期です。もし、ビデオチャットなどで友達や祖父母などと話ができれば、それは素晴らしいことです。

フォトボックスをつくることはおすすめです。子どもたちと一緒に箱にかざりをつけ、子どもたちの好きな人の写真をたくさん入れます。定期的に箱のところへ行って、写真を取ってきます。そして、その人たちのことを話します。なぜその人のことを好きなのか、その人たちと一緒に何をしたのか、その人たちと一緒にどこへ行ったのか、大切なつながりを確かめるためならどんなことでもかまいません。

カテゴリー:お知らせ

新型コロナウイルスってどんなウイルス!?

公開日:2020年04月12日

新型(しんがた)コロナウイルス(ころなういるす)は、とてもずるがしこくて、弱(よわ)いものいじめをするひきょう者(もの)なんだ。

君(きみ)たちが近づいた人(ひと)が新型(しんがた)コロナウイルスをもっていると、ウイルス(ういるす)は君(きみ)たちに気(き)づかれないうちに、こっそり君たちの体(からだ)の中(なか)に入(はい)りこんでしまうことがある。でも、君たちは若(わか)くて元気(げんき)だから、たいていは自分(じぶん)の力(ちから)でウイルスをやっつけて、しぜんになおってしまう。

君(きみ)たちは、まさか自分(じぶん)が新型(しんがた)コロナウイルスにかかっているなんて考(かんが)えもしないから、友(とも)だちとあそんだり、いろんな人(ひと)に会(あ)ったりしてしまう。でも、ウイルスは君(きみ)たちの体(からだ)の中(なか)にいる間(あいだ)、近(ちか)くにだれか来(こ)ないかとじっと様子(ようす)をうかがっている。とてもずるがしこいんだ。

そして、だれかが近(ちか)づいてくると、ひょいっとその人(ひと)にうつってしまう。もし、それがおじいちゃんやおばあちゃんやあかちゃんだとすると、ウイルスの思(おも)うつぼだ。相手(あいて)がよわいとわかると、急(きゅう)につよくなってその人(ひと)を肺炎(はいえん)にしてしまう。よわい者(もの)いじめのひきょう者(もの)なんだ。

元気(げんき)な子供(こども)や若(わか)い人(ひと)は、自分(じぶん)が知(し)らないうちに、新型(しんがた)コロナウイルスにかかっていて、それをお年(とし)よりやびょうきをもった人(ひと)やあかちゃんなどのよわい人にうつしてしまうことがあるんだ。君(きみ)たちだってぜったいだいじょうぶとはかぎらない。まず、新型(しんがた)コロナウイルスにかからないようにして自分(じぶん)のいのちを守(まも)ろう。それが、まわりの人たちも守(まも)ることになるんだ。

いま、君(きみ)たちが戦士(せんし)となって、目(め)に見(み)えない手(て)ごわい相手(あいて)とたたかわなければならないのだ。

どうやってたたかうのか?新型(しんがた)コロナウイルスの弱点(じゃくてん)はなんだ?

ウイルスは人(ひと)のからだの中(なか)でないと生(い)きられないんだ。人(ひと)と人がはなれていれば、次(つぎ)の人にとびうつれないので、新型(しんがた)コロナウイルスといえどもおしまいだ。だから、おたがいにはなれていなければいけないんだ。

1. STAY HOME(ステイ(すてい)・ホーム(ほーむ)) 家(いえ)にいよう 

   出(で)かけるひつようがない時(とき)は、家(いえ)の中(なか)にいよう。

2. KEEP DISTANCE(キープ(きーぷ)・ディスタンス(でぃすたんす)) は な れ て い よ う

   外(そと)ではほかの人(ひと)に近づかないようにしよう。ほかの人(ひと)との間(あいだ)に大人(おとな)の人(ひと)が一人(ひとり)たてにねられるくらい間(あいだ)をあけよう。

新型(しんがた)コロナウイルスは、人(ひと)のからだの外(そと)に出(で)ると死(し)んでしまうのだけれど、なんにちかは生(い)きているんだ。ドア(どあ)のとってや手(て)すり、ブランコ(ぶらんこ)やすべり台(だい)などのゆうぐ、お店(みせ)のしなものなど、人(ひと)がさわるものすべてに、まだ生(い)きているウイルスがついているかもしれないんだ。さわった人(ひと)の手(て)についたウイルスは、からだの中(なか)に入(はい)るチャンス(ちゃんす)をねらっている。もし、君(きみ)たちが手(て)をあらわずに、はなや目(め)をこすったり、たべものをたべたりすると、君(きみ)たちのはなや目(め)や口(くち)から、ウイルスはからだの中(なか)に入(はい)ってしまう・・・・・だから、

3. WASH YOUR HANDS(ウオッシュ(うおっしゅ)・ユア(ゆあ)・ハンズ(はんず)) 手(て)を洗(あら)おう 

外(そと)から家(いえ)にかえってきたら石(せっ)けんで手(て)を洗(あら)い、うがいをして、かおも洗(あら)おう。

君(きみ)たちががんばってくれると、おじいちゃん、おばあちゃん、あかちゃんは安心(あんしん)できます。みんなが は な れ て、新型(しんがた)コロナウイルスにかからない、新型(しんがた)コロナウイルスをうつさないようにしよう。みんないっしょにがんばろう!!

カテゴリー:お知らせ

発熱などかぜ症状のある小児を自宅でみるために

公開日:2020年04月05日

1. 全体の様子を見てください。

  ⇒ 顔色が悪い、ぐったりしている、飲み物・食べ物を受けつけない

    場合は、至急医院に連絡してください。

2. 呼吸の状態を見てください。

  ⇒ 肩で息をしている、息をする時に小鼻がふくらむ、息をする時に

    みぞおちがへこむ、息苦しくて横になっていられない、といった

    症状がみられた場合は、至急医院に連絡してください。

  ⇒ 呼吸が速い(呼吸回数:新生児は60回/分以上、乳児は50回/分

    以上、幼児は40回/分以上)場合は、医院に連絡してください。

3. 食欲や飲み具合を見てください。

  ⇒ 普段の半分程度に減った場合は、医院に問い合わせてください。

4. 1日に3回(朝、昼、夜)体温を測りましょう。乳児は3~4時間おきに

   体温を測りましょう。

  ⇒ 高熱が続く場合は、医院に問い合わせてください。

   熱があっても、食欲があって、動いて(遊んで)いれば、

   2~3日は様子を見ても大丈夫です。

                       075-861-2077

カテゴリー:お知らせ

医院からのお願い  4月5日

公開日:2020年04月05日

 京都府内での新型コロナウイルス感染症患者数が100名を超え、感染経路がわからない新たな感染者が増えています。日本の限られたPCR検査状況を考えると、実際の患者数は5倍程度あるのではないかという推測もあります。無症状や軽い症状の人も多く、特に若い人は感染していても症状がなければ普段どおりの生活をして、感染を広めてしまっている可能性があります。すべての人が、自分も感染していているかもしれないと考え、他の人にうつさないような行動を心がける(1.8mの社会的距離を保つ)ことが、とても大切です。

 さて、このような状況の中、発熱している方は、万一それが新型コロナウイルス感染症による発熱であった場合、普通に受診されますと、他の患者さんにうつしてしまう可能性があります。したがいまして、基本的に発熱がある場合は、2~3日自宅で安静にして経過を見ていただきますようにお願いいたします。心配なことや注意すべきことなど、知りたいことがありましたら、電話でお尋ねください。 おしらせ『発熱などかぜ症状のある小児を自宅でみるために』をご覧下さい。

 ただし、3か月までの乳児には受診を勧めます。あらかじめ電話で発熱のための受診であることをお知らせいただいた上で、来院ください。

日本小児科学会の新型コロナウイルス感染症Q&Aを参考しにしてください。http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

 また、当院では、火曜日、水曜日、金曜日の2時~4時に予防接種外来を行っておりますが、新型コロナウイルス感染症にかかると重症化する乳児が多く受診しますので、ワクチン接種予定の子供さんが発熱など、体調の悪い場合は、電話で連絡をしていただき、当日の接種は中止して、来院しないようにしてください。保護者の方の体調が悪い場合も、同様に当日の接種は中止してください。

 日本での感染拡大の状況を見た上での判断です。ご理解くださいますようお願いいたします。                

                    すどう小児科医院院長 須藤 茂行

カテゴリー:お知らせ

社会的距離を保つ(social distancing)

公開日:2020年04月03日

                                (CNNニュースから)

何のロゴかわかりますか?

 上のロゴは 『社会的距離を保ちましょう』 という思いを伝えるために考え出されたものです。イタリアやスペインで新型コロナウイルス感染症者の数が爆発的に増え、医療体制が追いつかず、多くの犠牲者が出ています。ラテン系の人たち(に限りませんが)は、日常の挨拶として、キスをしたり、ハグをしたりする機会が多く、この濃厚な接触が感染拡大の大きな要因になったと考えられます。そのような状況の中で、人と人の間の距離を離しましょう、具体的には1.8mくらい離れて、できるだけ感染の機会を減らしましょう、という考えが出てきました。 1.8m離れるのは難しいですが、できるだけ他の人に近づかない、人混みを避ける、などに注意して感染を防ぎましょう。

カテゴリー:お知らせ

新型コロナウイルス感染症

公開日:2020年04月01日

     新型コロナウイルス感染症(Covid-19)

 昨年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症(Covid-19)は、今全世界に広がっています。日本でも患者数は日々増加しています。子供の感染者も見つかっていますが、大人に比べると少数です。家族内感染が多く、保護者からの感染が多い点が特徴です。保護者が新型コロナウイルス感染症にかからないようにすることが重要です。

 子供も、大人と同じように新型コロナウイルス感染症にかかりますが、重症化することは少ないと言われています。ただし、乳児は重症化する危険性があると言われています。症状は、乾いた咳(50%程度)、咽頭痛(40~50%)、発熱(40%程度)などが比較的よく見られ、鼻水(15%程度)、下痢(15%程度)などの症状は少ないようです。多くは、1~2週間ほどで回復しています。

 新型コロナウイルス感染症が疑われる場合でも、子供の場合は重症化することが少ないので、直ちに医療機関を受診する必要はないと考えられます。軽症の新型コロナウイルス感染症の場合、特別な治療薬はありません。自宅で安静にして、子供の様子を見ましょう。肺炎を起こすと、呼吸が苦しくなってきます。呼吸が速い(呼吸回数:新生児は60回/分以上、乳児は50回/分以上、幼児は40回/分以上)、息苦しそうにしている(肩で息をしている、息をする時に小鼻がふくらむ、息をする時にみぞおちがへこむ、息苦しくて横になっていられない)、顔色が悪い、ぐったりしている、食べ物を受けつけない、などの症状が見られた場合は、かかりつけの医院や病院に問い合わせをして、受診してください。

 ただし、濃厚な接触が明らかな場合は、まず帰国者・接触者相談センター(222-3421)に連絡をしてください。

 現在(4月1日)も患者数は増え続けています。いずれ私たちの近くにも新型コロナウイルスはやって来るでしょう。効果の明らかな薬もなく、ワクチンもない状況での戦いは不利です。できるだけ長い間ウイルスから逃げることが、最善の策であると思われます。    

カテゴリー:お知らせ

すどう小児科医院

小児科・アレルギー科

〒615-0922 京都市右京区梅津前田町 42-1

tel.075-861-2077

診療時間 / 9:00-12:00 / 16:30-19:00

予約診療 / ( 火・木・金 ) 14:00-16:00

火曜・金曜は予防接種・乳幼児健診木曜はアレルギー科外来

休診日 / 日曜・祝日/水、土曜午後

診察時間
9:00〜12:00

14:00〜16:00 休診

休診

休診
16:30〜19:00

休診

休診